地震などの災害が起こったら!

~暫定公開~
自治会では、防災会を組織しています。
防災会では様々な役割を決めていますが、いざ災害(おもに地震を想定)となると、なかなか決まった人間が決まった役割を果たせるとは限りません。
そこで、固定した人間に固定的な役割をお願いするのではなく、「その場で、それぞれができることを、その場で判断して行動する」を指針として規範を作ってみようと思います。
もっとも重要なのは「最低でも班単位でお互いの顔がわかること」、「みんなで助け合うこと」です。
とりあえず・・・
震度6以上を目安として、大きな地震が起こった場合は、まずは仁戸名第3公園を第1避難所とします。そこで、班単位に情報を集め、整理して、次にとるべき行動と分担を整理します。
※仁戸名自治会の正式な避難所は仁戸名小学校ですが、仁戸名小学校は18もの自治会の避難所となっており、収容人数に大きな不安があります。
※合同会館が無事であれば、活用します。
平成25年度に、備蓄倉庫を購入しました。
平成26年度に、カセットガスボンベ式の発電機を購入しました。
以上、暫定的ではありますが、今後充実していく予定です。
自治会長・防災会長 五十嵐

地震などの災害が起こったら!” への2件のコメント

  1.  昨日は好天に恵まれ、会長さんのご尽力により大変楽しい一日を過ごすことが出来ました。本当に有り難うございました。心から御礼申し上げます。

  2. コメントをありがとうございます。
    お疲れ様でした。すこし過密スケジュールだったですが、楽しめました。
    ありがとうございました。
    五十嵐

コメントは受け付けていません。